MVアグスタ走行会とそこに現れたすごい,すごいGPマシン

6月1日オートポリスで鹿児島のコルサスポルトチャオさん主催アグスタ走行会に参加させていただきました。
参加者は、アグスタだけではなくいろんなマシンで、自分達のペースで走りをたっぷり楽しんでいました。
そこに、なんと1967年GP500のチャンピオンマシンが姿を現したのです。
もう私は、大感激!音も最高でした。オートポリスのストレートを全開で走る時は、もう感動してしまいました。
本当に幸せな一日でした。写真もたくさん撮りました。でも走行会の写真は1枚もありません。ゴメンナサイ。


1967年式500三気筒、当時の図面どうりに今年世界でたった4台が生産され最初の一台がこれだそうです。

マフラーが右に一本、左に二本出ています。

あのアゴスティーニ氏の手で、このマシンのセッティングが決められました。

ライダースクラブ誌の根本健氏、この後コースを走らせました。

MVアグスタF41000R312試乗会

試乗会もあと一週間あまりとなりました。
とにかく、素晴らしいオートバイです。
まだ試乗していない方は、乗ってください。
エンジンもいい、足廻りもいい、ブレーキも
いい。ちょっと熱いのが、今の時期つらいけど。
保険代として1000円かかりますが、この機会を
どうぞお見逃しなく。